高いお金で購入したマイホーム。それなのにちょっと不便なところがあったり、気に入らない作りになっていると感じたら、リフォームをされると思います。

ですが、リフォームに失敗をすると折角のお金が水の泡となってしまいますから、できることならば、リフォームは納得のいくものにしたいと思うはずです。その際に重要なのが、リフォーム業者の選び方ですが、業者選びには絶対に成功する基準と言うものはありません。

リフォームも含めた建築業界は下請けや孫請けなどが平然と行われるので、非常に複雑な構造でできていますので、素人が見抜くのは非常に難しい事です。ですので、今回はまず、リフォーム業者、リフォーム業界について少し解説し、希望のリフォームをするために、押さえておきたいポイントも紹介したいと思います。

リフォーム業者を知る

●7つのリフォーム業者の種類と特色
まず、リフォームをしてくれる業者は全部で7つあります。専門で行っている業者から、異業種から進出している業者まであり、自社でリフォームをする場合も、受付だけを行って後は全部下請けに任せるような業者もあります。
ただ、下請けがしっかりとしていれば、工事の結果は納得のいくものになりますので、特に大切にしたいのは、依頼するリフォーム業者がどのような会社なのか知ることや、それぞれの特色を知っておくことです。

・有名住宅メーカーのリフォーム事業のグループ会社
CMなどで名前を耳にする住宅メーカーの多くは、リフォームを専門で請け負っているグループ会社を持っています。
グループ会社として看板を背負う以上、信頼や安心を売りにしている場合が多く、依頼をする側からすれば、かなり利用し易い業者と言えるでしょう。
ただし、住宅の構造を知っており、リフォームをし易いという観点から、親会社の住宅メーカーの建築した住宅のみを対象にリフォームをしてる場合がありますので、依頼をするのであれば、自分の家を建築したメーカーに依頼をするのがベストです。

・地域限定の中小企業の工務店
中小の工務店は、その他の専門のリフォーム会社などとは違い、地域で様々な建築関連の仕事に関わっており、非常に高い柔軟性を誇っています。
依頼内容ごとに自社での設計や施工、設計を設計事務所に依頼をしたり、施工を元請として、下請けに流したり、あるいは、大手の住宅メーカーの下請けとして受注を受けたり、と多くのことができる特徴があります。

・デザイン性の設計事務所
設計事務所のメインは、顧客の依頼通りに図面を引く設計を担当しています。もちろん、リフォームにおいても、建築士がデザインを行うので、デザイン性が高いリフォームを行い易い傾向にあります。
ただ、それは設計事務所だけではなく、工務店の建築士もプランを立ててくれる場合があり、そちらの方が顧客に合ったデザインを作成してくれる場合もあります。
ですので、デザイン性を求めるために、設計事務所を重視するというのは少し間違いで、より良いデザインのための候補として挙げらるくらいがちょうどいいでしょう。
また、設計事務所はリフォームを受注する立場であり、実際のリフォームは下請けの工務店などが行うことになります。また、設計事務所の建築士は工事監督として、施工が図面通りに行われているかを確認する業務も行っています。

・リフォーム専門会社
上記に挙げた住宅メーカーのグループ会社以外では、リフォーム専門業者は基本的に中小のものが多いです。
ただし、それらの中には施工は完全に下請けに任せ、施工管理をかなりいい加減にするような悪徳業者が潜んでいるケースも過去に問題になりました。
ですので、専門だからと言って安心して任せられるとは限りません。なお、唯一名前も広く知られているリフォーム専門業者として、全国展開している「ナカヤマ」があります。こちらは、施工実績も十分で、直営のショールームもありますので、専門業者の中では最も安心して利用できる会社だと言えるでしょう。

・特定の専門工事業者
こちらは、主に工務店などの下請けとして、特定の分野に特化している専門工事を行っている業者です。
コストパフォーマンスは最高なのですが、直接のリフォームの請負はほとんど行っていないことが多いようです。
なお、リフォームを依頼できたとしても、工務店とは違い、図面を引ける人材がいないことも多いので、専門事業同士と協力し合うことも多く、コストがかかり易く、唯一のメリットがそこまで良く作用しないことも多いので注意しましょう。

・建材・建築メーカーのフランチャイズ
こちらは建材、建築メーカーが、全国的にフランチャイズして、リフォームの施工業者を行っているケースになります。
フランチャイズを行っているのは基本的に大手のメーカーです。ゆえに住宅メーカーと同じように、そのメーカーの名前を背負うことになるので、クレームなどに備えるべく、安定したサービスを提供するようにしています。

・新参入の異業種のリフォーム事業
リフォーム業界に参入している異業種の代表としては、ヤマダ電機やイオン、ニトリなどの全国的な大企業が挙げられます。
ただ、異業種ということで敬遠しがちになる方もいますが、自社では施工を行うことはなく、受注を取って下請けに流すのが基本の事業形態となります。そのために、下請け会社に施工のクオリティは依存しますので、力不足になるようなことはほとんどないでしょう。
また、上記の通り住宅メーカーやリフォームの専門会社でも、同様な形態を取っていることもありますので、手法が間違っているとも言えませんから、候補の一つとしても十分な基準を満たしているとも言えます。

●リフォームに複数の業者が関わる仕組み
ここまで、リフォームを行う業者について挙げて来ましたが、その中でしょっちゅう登場していたのが、下請けです。
建築業界はそもそも、下請けを積極的に行う業界でもあり、リフォームを依頼された場合でも、自社だけで施工を行うとは限らず、むしろ全てを完全に下請けに受注することもよく行われています。
施工の際のパターンとしては、「全ての施工を自社で行う」「一部を自社で、残りを下請けに施工してもらう」「全ての施工を下請けに任せる」という三つの構造があります。
全ての会社に、全ての施工を行える技術者がいることは稀です。むしろ、特定の分野の専門業者として活動している建築会社なども多く、全ての施工を自社で行えるケースはほぼないのです。
建築業界では、どんなリフォームなどにも対応する、と掲げている会社もありますが、その場合でも下請けを使っているケースが一般的です。上記に挙げた構造の中では、一部を自社で、残りを下請けで、という方法が最も多いと言えます。無論、全てに対応することができるのは、下請けを行える業者と関係のある業者に限りますが、そのような業者は非常に多いです。
さらに、全てを任せるケースは、異業種からの参入が行っていることですし、下請け会社が孫請けを使うケースも多々あります。
つまりは、建築業界は、大手と言えども全てをその会社だけでは行えず、多数の下請けや孫請けによって、求められる施工を行っている、という構造があるのです。
その構造の中で、リフォームを行う際は、リフォーム業者の元請業者に依頼をする、と言うだけに過ぎず、今回紹介するのはその元請業者の選び方ということになるのです。
また、そのことを考えると、リフォーム業者は大手であっても、中小であっても違いはあまりないということも言えます。
大手の方が安心して利用できることもありますが、有名企業だからと言って、滞りなく全ての仕事を済ませてくれるとは限りませんし、時には中小に依頼をした方が、早く、そして費用も安く済むこともあり得ます。
また、リフォーム業者の多くは、施主に対して、どこの工事をどの下請けで行うかなどを伝えることもほぼありません。これまでにリフォームをしたことのある方の多くは、全部を依頼をしたリフォーム会社が行っていると勘違いしているケースもあります。
しかし、その勘違いも特には重要ではありません。何と言っても、自分が納得できる結果を得られれば、それで十分ですから。
最低限、自分の望むリフォームを行ってくれるように、現場監督をしっかりと行ってくれるリフォーム会社であることが重要なのです。そこに、大手と中小との違いはほとんどないと言えるでしょう。

★何を基準にリフォーム業者を選べばいいのか。5つの候補
●安心して利用できる経験のある業者を選びたい
リフォームをする上で、最も大切なことは安心して利用することができるかどうか、ということです。
逆に安心して利用できないリフォーム業者に依頼をすると、いろいろと不都合なことが起こります。例えば、下請けも決まっていないのに、話だけを進めて、後程下請けに使える業者にマージンを取って、流す様なことです。そうなると望みどおりのリフォームができないことが良くあります。このような業者に共通するのは、下請けをいちいち探す必要があるということです。
下請けが決まっていない、候補をすぐに挙げられないという業者を避けるために行うべきことは、そのリフォーム業者の工事実績について調べることです。
要するにリフォームの経験があれば、下請けとのつながりもありますし、ノウハウも蓄積されて、適材適所の施工を行えるのです。
そして、そのような業者であれば、リフォームプランも多数取り扱っており、多くの希望に対応してもらえます。このような対応力も、細分化された専門分野ごとの下請け業者が充実しているからであり、多様なリフォームが行えるのは、建築業界の複雑な構造によるところが大きいとも言えますね。
・実は大手よりも中小の工務店の方が安心できる?
地元にぽつんとあるような、中小の工務店は、大手よりも信頼度は低い、と思われるかもしれませんが、実は全く逆です。
工務店は元請でも下請けでも行っているために、地域での建築業界にとっては無くてはならに存在です。下請けの技術も、元請のノウハウもかなり蓄積されており、何よりも広い顔を持っています。
建築業界は縦横の繋がりが、何よりも大切で、それを十分に活用して生き残っているのは、大手ではなく、工務店です。例え、リフォームの話を持ちかけて、その工務店では施工ができない内容であっても、別にあるおすすめの業者を教えてもらえる場合もあります。
ですので、大手よりもむしろ、地域に密着して、地域の事情を十分に知っている工務店の方が、信頼できることもあると言えるでしょう。

●こだわりのデザインをリフォームに盛り込みたい
機能的なリフォームではなく、デザインを重視したリフォームを行いたい場合、多くの事例を参照しながら、しっくりくる事例を探すことになるでしょう。
ですが、いくら好みの事例を見つけて、その通りに依頼をしたとしても、実際にできたものとはイメージが全く違う場合もあります。基本的に事前に見ることができるのは、工事に手を付ける前の図面ですから、素人にはさっぱりです。
最近では、完成予定図をプランや見積もりと一緒に提示してもらえたり、3Dソフトで作成した、完成図を見せてもらえたりするリフォーム業者も多くなっています。
それらを見れば、完成形を想像し易くなり、理想の自宅を手にすることができるでしょう。ですので、このような完成図を提供してもらえる業者を選ぶ、というのが、デザインに拘って行うリフォームの、リフォーム業者選びには大切なのです。
・設計事務所に依頼をするのは正解か
設計事務所はリフォーム番組などに出てくるような、デザインを主体に設定を行っている、と言う訳ではあません。
それらはいわゆる意匠系と呼ばれる設計事務所で、設計事務所には他にも構造系や設備系と呼ばれるところもあります。
そもそも、建築士はデザイナーと言う訳ではなく、設計事務所は住宅デザインのスペシャリストを揃えているというわけでもありません。
また、設計士は住宅メーカーや工務店にもいますし、かなり関係の深い施工業者と設計事務所が、業務提携のようなことをしていることもあります。
ですので、デザインに拘って、設計事務所にまず先に依頼をする、というのは必ずしも正解だとは言えません。
もちろん、設計事務所に依頼をすると、設計の自由度が高く、自身の要望を受け入れやすい傾向にあるのは確かです。しかし、小規模のリフォームなどでは、その力を十分に生かし切ることはできません。
以上のことから考えると、デザインには拘るならば、視覚化された提案で確認をすることは大切ですが、初めから設計事務所のみに依頼する必要はないのです。

●とにかく安いところにリフォームをしてもらいたい
リフォームをする際に、必ず気にしてしまうのがお金のことです。リフォームの際には、予算と見積もりを提示されます。
値段を気にするということは「いかに安いか」ということばかりを気にしてしまうかと思います。確かにそれは、日用品などを購入する際には、節約には効果的でしょう。
しかし、リフォームに置いては安さが絶対、という価値観は間違いです。
もちろん、安さも大切ですが、極端に安い見積もりをするような業者を選ぶと、リフォームに失敗する確率が極めて高くなります。
ですので、値段からリフォーム業者を選ぶ際には、最も安い業者は候補から外した方がいいのです。逆に、最も高いところが安心か、と言われるとそうでもなく、こちらは無駄なお金を支払ってしまうリスクが潜んでおり、こちらも除外した方がいいのです。
どちらも極端な場合に限りますが、両方に言えることは、実際の施工と、期待していた施工でのギャップが潜んでいる場合があります。
・各社で違う見積もりの比較をするために
費用からリフォーム業者を選ぶ際に、最初に注意すべきことは、同じ工事の見積もりにすることです。
建材や設備の違いから多少の値段の違いは生じるかと思いますが、少なくとも工事の条件を同じにしておかないと、的確に比較をすることはできなくなりますので、業者ごとに別の工事内容を依頼することは無いようにしましょう。
また、見積もりは見積書として提示されると思いますが、その書式が全く同じということはありません。その中で見比べておくといいのが、見積書の内訳があるかどうかです。
いくつかのリフォーム業者を見てみると、人件費を分けて見積もっている場合や、工事一式や単位面積の単価に含めている場合などの違いのあるケースが存在し、内訳が分からなければ、何にどのくらいのお金がかかっているか分からず、時には損をする場合もあります。
内訳があるかないかだけで業者の良し悪しが分かる、というものではありませんが、明朗会計の方が納得し易いのも確かです。

・安さ高さの理由
極端に安い業者と高い業者は候補から除外すべきだと述べましたが、そもそも、リフォーム業者の中で極端な値段の差が生まれるのには、こちらも先に説明した、元請、下請け、孫請けの関係が建設業界で築かれているからです。
要するに、非常に高いリフォーム業者は下請けや孫請けを多く発生させており、それぞれにマージンが発生するために、過当な利益の上乗せが行われている可能性があるのです。そのため、同じ建材や設備を使っていたとしても、下請けが少なくなる業者よりも、料金が高くなる傾向にあるのです。
逆に言えば、安くなれば下請けは減り、いくつかの施工を自社で行うところが増えるはずです。もちろん、この可能性もあるのですが、極端に安い業者だと手抜き工事を行う可能性の方が高くなります。
安さには理由があるのは、どの業界でも同じだと言えますが、建設業界だと、重要な仕事をアルバイトに任せていたり、建材が劣悪な安い物にされていたり、などの理由があるからこその、極端な安さになっていると考えられます。
また、後述するアフターケア等とも関係があるので、費用で業者を決めるのであれば、それらも含めて、同じ建材を使っている、重要な工事を職人に依頼している、などの条件を揃えて、見比べることが必要となるのです。
・大手は高額になる傾向がある
下請けや孫請けを積極的に行っているのは、大手のリフォーム業者です。大手はさらに、広告費や全国の営業所の経営などなどで、かなりのお金がかかっているのですが、下請けなどのマージンと合わせると相当な額になります。
それを回収するためにも、大手のリフォーム業者は見積もりが高くなる傾向にあるのです。
大手はアフターサービスなどもしっかりとしているので、安心して利用することもできますが、下請けや元請を受ける業者が、実はリフォームを行っている地元の業者という例もあって、もしかしたら、もっと安い値段で同じリフォームができたかもしれない、ということもありますので、覚えておいた方がいいでしょう。

●信頼できる業者を知りたい
業者の信頼度を計るにはどのような点に着目すればいいのでしょうか。施工の事例があること、業者が必ず現場監督をしてくれること、希望を実現してくれること、などなども挙げられますが、もっと簡単な方法としては、業界団体への加盟状況や、アフターサービスや保証の有無を見ることです。

・業界団体へ加盟しているところは最低限安心できる
以下に挙げる業界団体は、企業が加入することのできる団体です。これらの業界団体は、リフォーム業界の発展や消費者への信頼性を高めるべく設立されたものですので、少なくとも消費者が利用するための最低限の信頼度を保証しているものです。こちらに加入している業者が悪徳業者となっていることはありませんので、詐欺や失敗などの心配は拭い去ることができます。

・業界団体の一覧
日本住宅産業リフォーム協会。日本木造住宅耐震補強事業者協同組合。ベターライフリフォーム協会。良質リフォームの会。マンションリフォーム推進協議会。マンション計画修繕施工協会。
これら以外にも業界団体はいくつもありますので、調べてみるといいでしょう。

・保証とアフターサービスから分かる信頼度
保証とアフターサービスの有無や、どのようなサービスとなっているのかを見ておくことも、信頼度を計るには良い手段です。
保証やアフターサービスについては、三つのパターンがあります。
まず、一つ目のパターンとして保証やアフターサービスが無い場合です。こちらは一見すると即刻候補から除外すべきだと思うかもしれませんが、保証やアフターサービスが無い分、工事費は安くなりますし、欠陥が生じれば損害賠償請求も行えます。
信頼度は最も低くはなりますが、安さを重視するならば、こちらも候補に入れておくといいでしょう。
二つ目のパターンは独自の保証やアフターサービスがある場合です。リフォーム業者で違うので、年数保証以外にも、施工業者の倒産後でも完成を保証する完成保証と言ったような保証もあります。また、最近では定期点検やアフターサービスも提供している業者も多いです。
独自の保証やアフターサービスでも、あればあるだけ安心に繋がりますので、信頼しても大丈夫でしょう。
最後のパターンはリフォーム庇護保険に加入している場合です。こちらは、国が定めたリフォーム業者が加入する保険ですので、かなりのメリットがあり、最も信頼度は高くなります。
中でも、第三者の検査員が派遣されることや、庇護の補修費用に保険金を使えることなどが大きなメリットですので、利用できるのならば、こちらに加入しているところを選ぶのがベストでしょう。

●大手がいいのか、中小がいいのか
全国展開をしている大手のリフォーム業者、かたや地域に密着している中小の工務店、どちらを利用するかと考えた時に、信頼度や安心感の高い大手に任せたいと思う方は多いでしょう。
しかし、地域密着となる中小の企業の方は、広告費などにお金が回せず、知名度などは低いのですが、その分工事に関わる自信は圧倒的に高いです。これまでにも説明した通り、下請けで施工を行っていることが多いので、場数は圧倒的にこなしており、腕は確かです。大手の方にはデザインや設計などで専門の部署があるので、その分野ではさすがに大手には劣ってしまいますが、結果的に施工をするのは中小の工務店となることが多く、本当はもう少し安い値段になっていた可能性もあり得ます。
ですので、必ずしも大手が絶対に良い、というわけではなく、中小の工務店とも比較をした上で決めた方が、安上がりになることもあり得るのです。
比較するのであれば、営業担当の対応や、ブランの提案、工事後の保証なども見ながら、大手、中小のイメージを捨てて、公平に比較するのがベストでしょう。

・中小ならではのメリット
また、地域密着になりがちなので、中小の業者だと、自社での施工を行っており、何か問題があっても、担当者のワンクッションを置かずに、すぐに職人を呼び寄せて、問題に対処してくれることもあります。
また、小さな補修であれば、担当者がさっさと済ませて、お金を取らないこともあるそうです。
中小には中小ならではのメリットがあり、それらは大手では得ることは絶対にできないので、中小を選ぶのも非常にいい場合もあるのです。

★まとめ「安さで選ぶ」は大間違い
以上、いくつかのリフォーム業者の判断基準をまとめてみましたが、結局はこれからリフォームをする際に、何を重要視するかは個人によって違います。ですので、一概に「これ」というおすすめの判断基準はなかなか言えません。
しかし、逆にこれだけを重要視しすぎない方がいいと言えるのは安さです。費用も当然大切なことですが、安さを基準とすると、リフォームに失敗してしまい易くなります。
住宅は日用品と違い、長い付き合いになりますので、安さばかりを重視しても、所詮は一時しのぎでしかなく、また、リフォームが必要になることもありますので、安さを絶対視することはやめた方がいいでしょう。
また、業者を選ぶ際には、私たち素人に対しても工事範囲や工事内容を丁寧に教えてくれる業者を選ぶことや、大手、中小というイメージを捨てて、様々な業者に見積もりをしてもらうことも大切です。特に、有名だから大丈夫、という安心感は裏切られやすい要素でもありますので、その先入観は一旦置いておくことも必要です。
予算やデザインも大切ですが、業者の信頼性は保証やアフターサービスもしっかりと見比べて、見積もりも見比べ、安さだけでは決して選ばない、このような意識を持つことが、リフォーム業者を選ぶうえで、必要な意識です。