1.基本的な日常動作が、家屋内で最低限可能である必須の条件
今まで自分が住んでいた家屋を、何らかの事情により離れる事となり、それゆえ、その他の第三者の方へ賃貸するようになったケースに関しての話となります。この場合、多少家屋本体が老朽化あるいは手狭な仕様になったりしていても、それでも最低限の日常的動作が家屋内の全てにおいてしやすくなっている事が必須です。

そうでなければ、やはり、賃借希望者である方は入居をしたがらないような傾向がありますので、注意が必要です。また、いくら広めな屋内スペースとかではあっても、設備が古過ぎたりしていた場合には、不便なことが多い場合には入居をしたがらない傾向がありますので、そうした設備の改善などに関しての配慮も、非常に重要といえます。

2.ある程度の家屋内環境のリフォームの必要性について
これも今話した、1.の段落内容での話の続きになります。屋内各箇所においての戸の開け具合、スライド式である戸のレールの走り調子、ドアの開閉、段差の長短の度合い、天井部分の高さ、その他、本当に様々な課題が出てきたりします。

とくに、身体障害者の方や高齢者、重症罹患者であるような心身面にハンデがある入居希望者である方のような場合には、今述べた段差の解消などは必須といえます。ほんの2、3cmくらいの段差だけでも、爪先でつま突いたりして転倒したりする方などもいたりしますので、そのような現状について、リフォーム業者の担当者である方と共に話し合いながら、そして、その他の異なる各分野に属する専門家である方をも交えながら、改修リフォーム工事などに取り掛かる必要性があります。

3.トイレの仕様の重要性
そして家を貸す際において、貸主側として配慮をしておかなくてはならない点に関してですが、とくに、現在においてはキレイ好きな方が多い傾向があります。こうした事から、トイレだけは水洗式にしておいた方がのぞましいといえます。そして、入居者や入居希望者である方が、心身障害者や高齢者、重症罹患者などのハンデ保有者である場合なども見越したうえで、手摺や段差解消、床暖房仕様の木製床、停電時においての水洗が可能である仕様の便器の導入などを採用して、排泄行為面においての環境整備をしていく事が、入居者による期待へ応えていく誠意ある姿勢でもありますので、お勧めの配慮面においての心得といえます。

そうしたトイレの環境整備をしていく配慮により、入居者その他の周囲の方からの信頼も厚くなる点もありますので、推奨すべきところです。

4.敷地内においての駐車スペースの確保
そして、お車などを持たれたりしている入居者や入居希望者の方への配慮として、できることなら何らかの形での、駐車場の確保が必要になってきたりするような場合も出てきたりします。しかし、市街地内の真っ只中である場所や、駐車スペースとしての使用が禁止をされたりしているような場所である場合には、確保が難しいような場合もあります。

そうした事態を想定したりしたうえで、広い敷地などの場合には、最低でも、普通自動車1台分が駐車を出来るようなスペースを確保したりしておくのがお勧めです。それでも都会などの場所では、駐車スペースの敷地内での確保が難し
いような環境とかも少なくはありませんので、入居者専用の駐車スペースを、公共の駐車事業者などとの契約を行い、確保をしなくてはならない必要性もあると考えられます。

5.貸主側としての、権限のあり方
自身が貸主である以上、必ずしも自由に、入居者である借主側の方へ一方的に何らかの要求が出来放題という訳ではありませんので、その点に関して留意をしておく必要性がある点は、いうまでもありません。

借主側から物件内外にある、何らかの形での造作改善請求とかがあったりした場合には、それに応じる義務が法律上あります。また、自然災害や騒乱、戦争、事故などによる予想もしない自らの原因以外による事由での物件損壊とかが
あった場合にも、その補償義務があったりするような事態も事後に出てきたりする場合も有り得ますので、日頃から物件である家屋の造作面においての配慮は、非常に重要といえます。さらに、入居者の方への団体保険加入面においての配慮も、善管注意義務としてありますので、中々気が抜けない面もあります。