1.築年数と現時点においての敷地坪のチェックが必須
最初に自分の土地を売却していく際においての、やっておくべき事に関してですが、やはり、売却という法律上においての売買行為をしていくカタチになります。この事から、買い手である相手方や買い手希望者である第三者、
売買情報を確認しているその他の第三者など、社会全般においての自らの信用の証明をしていくためにも、まずはその売却を検討している家自体の築年数や、それが建っている土地の敷地坪(土地面積)の情報を調べたうえで、はっきりと確実性のある記録を取っておく事が、とても大切です。

そのうえで登記の有無やその他、公示となるあるいはなりうるべきものをしっかりと把握をして、そのうえで買取業者や不動産業者などとの交渉や相談にのぞんでいく流れが、ベストです。

2.どれくらいの金額で売れるのかを確かめる目処(めど)
売却行為自体も、やはり不動産売買というカタチの1つにあたりますので、先程も話したように、買取り行為を行う買い手側である相手方やその他、周囲にいる自分以外の者からの信頼の元で、行っていく流れになります。

ただ、こうした流れはあくまで基本ですので、必ずしも買い手側がこの通りに売買に応じてくれるといった保証があるとは限りません。そのため、非常に低い額で買取りを行うような悪質な買取業者や不動産業者、個人などである、いわゆる、悪意のある買い手側の人々がいたりしますので、そういった悪意ある人々からの不利益を被る可能性も否定は出来ません。

なるだけ家を高く売るためにも、元々の原価や現状、そしてそこにある1坪あたりの公示地価平均額などをしっかりと調べたうえで、確実性のある記録を取り、そのうえでその記録に基付いて売れる目処といったものを把握をしておく事が、非常に肝要です。

3.無料見積もりサイトを利用するメリット
なるだけ、少しでも家を高く売るためにも、先程も話したように、ある程度の売却額の目処を付けたりしておくことも、非常に大切です。しかし、やはり人によっては様々な事情とかから、その計算を行う事自体に関して、何らかの困難を時間的にもあるような方もおられたりします。

そうした事からも、時間的かつ費用経済的な面とかからも、インターネット上にある、無料見積もりサイトの利用をしていくことも、大変お勧めといえます。

確かに前もって、現時点においての建物本体の築年数、坪数、土地の面積、物件自体の法律上においての特殊性などに関しての情報を把握をしておく必要性がありますが、それらさえ確実に記録をしておけば、それらの各情報を入力するだけですので、余計な手間なども掛からず、とても安心です。

4.建物のみか、それとも土地ごと売るかの、見積もり基準の違い
そして、今から述べる内容が売却の際には大変重要ですので、ようく心得ておいた方がよいかもしれません。建物のみ、あるいは建物と土地の両方を売るのか、何れかの売却のカタチとなりますが、建物のみでの売却の場合でも、建物本体である家自体に、その際の時価であるその地域の公示地価平均価格の相場が大きく影響をして、それによる売却の際での買取価格を買い手側に考慮をされるカタチとなりますので、注意をしておく必要があります。

一方、これ自体は家本体が地価が高いゆえに高値で売買が可能になる証拠でもありますが、地価が低い場合には、建物本体と土地の両方を売る場合には、安く買取りをされてしまう恐れもあります。

このように、その地域の平均地価次第で良い面と悪い面の両方があるものです。

5.売るための目的を、しっかりと認識しておく事
誰しも、自身の家を何らかの事情とかにより売却をして買い手側の人々に買取りをしてもらうというカタチには、変わりがありません。しかし、やはりはっきりとした目的が無ければ、買い手側である相手方も不安になり、安く買い取る条件を提示をしてきたり、悪質な相手方になると、最初は普通の買取りを装い後で様々な事情を付けて買取り自体のキャンセルや不当な損害賠償をしてきたりなど、色々な事態が考えられますので、相手方に対しては最初から、なるだけ不安を与えたりしないように配慮をしっかりとしておくことが、とても大切です。

また、売り手である自分自身が何らかの悪意ある売却をしようと思案をしたりしていた場合には、その真実について相手方が知った場合には、その時点で信用が落ちますので、善意ある売却や買取要請などが必須であることは、いうまでもありません。